失敗しない、後悔しないAGA、薄毛治療のために、AGA、薄毛治療がはじめてという方向けに、おすすめのクリニック、費用等などの情報をわかりやすくまとめました。

失敗しないAGA治療予約~おすすめのAGAクリニック、費用等まとめ!

AGA治療、薄毛治療に関する用語集

ロゲイン

投稿日:

ロゲインはアメリカの製薬会社アップジョン(現ファイザー)社が販売している育毛剤で、AGA治療の用語集にもよく登場する育毛剤です。ロゲインの主成分はミノキシジルであり、2%から5%のものが販売されています。

AGA治療の用語でよく登場するミノキシジルはもともとは、経口の血圧降下剤として1969年代に開発されたものですが、その副作用として発毛効果が認められ、1978年頃から発毛剤としての研究が進められ外用の発毛薬として販売されたものがロゲインになります。ロゲインは1995年に販売され発毛効果が認められた唯一の医薬品として人気がありましたが、日本でミノキシジルが発毛剤として認可がおりたのは1999年のことになります。

一方でロゲインは日本では販売されておらず、大正製薬がライセンス生産をしているリアップが販売されています。日本でロゲインの名称で販売されていない理由としてはすでに商標が取られているためといわれています。またリアップは日本人向けにアレンジされているので、本家のロゲインとはやや性質のことなるものといえます。

ミノキシジルの作用としては血管拡張と血行促進であり、これらを塗布しミノキシジルを一定濃度に保つことで毛根細胞が活性化され毛が生える仕組みとなっています。

-AGA治療、薄毛治療に関する用語集

Copyright© 失敗しないAGA治療予約~おすすめのAGAクリニック、費用等まとめ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.